東京横浜間に電車がはじめて開通したときのトラブルとその謝罪広告

概要
1914年に東京駅が開業したときに、東京と横浜の間の電化された路線の試乗が行われたが、途中で停車してしまうというトラブルがあり、当時の鉄道院は謝罪広告を出すことになった。

途中で止まった電車

東京駅の開業式典
東京駅の開業式典
仙石貢
仙石貢

東京駅の開業式は、1914年(大正3年)12月18日に行われた。これに合わせて、東京と横浜の間に電化された鉄道(京浜線)が走ることとなった。それまでは両都市は蒸気機関車で結ばれていたのだが、電車でも結ばれるようになったのだ。

12月18日の開業式の際には、式の来賓を東京から横浜までの電車に試乗させることになっていた。しかし、この試乗の途中で、何度も停車するというトラブルに見舞われた。日本の電車でパンタグラフが用いられたのはこの路線が初めてで、パンタグラフが架線と合わずに動かなくなったためである。 [1]

このトラブルによって、鉄道院は総裁の仙石貢の名前で謝罪広告を出すはめになった。『東京朝日新聞』に載った謝罪広告を引用する。

本日開業式に御來臨之榮を得て京濱間の電車に御試乘を仰ぎ候處不幸にして途中停車の事故相生じ候爲め各位に多大のご御迷惑相懸け候段誠に恐縮之至に存候早速一々御挨拶可致筈之處不取敢以紙上陳謝仕候敬具
 大正三年十二月十八日
  鐵道院總裁
    仙石 貢
來賓各位

(訳:本日開業式にお出でいただき、東京横浜間の電車に御試乗いただきましたところ、不幸にして途中で停車するという事故が発生したため、皆様に多大なご迷惑をおかけいたしましたこと、誠に恐縮でございます。すぐに一人一人に御挨拶申し上げるべきところでございますが、さしあたり紙上にて陳謝申し上げます。
 大正三年十二月十八日
  鉄道院総裁
    仙石 貢
 来賓のみなさまへ)

『東京朝日新聞』大正3年(1914年)12月19日4面

謝罪広告は上記のように候文で書かれている。当時、こうした謝罪を新聞紙上に載せるときは、候文で書くことは少なくなかった。

トラブルのその後

開業式典の2日後の12月20日に、東京駅は正式に開業となった。同時に東京と横浜の間の電車の運行が正式に始まった。しかし、開業式典の日からのトラブルは続いた。

大正3年(1914年)12月21日付けの『東京朝日新聞』の5面には、12月20日に「今も亦大井驛で停電して廿分ばかり遅れた」と書いてある。つまり東京と横浜の間にある大井町駅 [2] で停電が起き、電車が20分ばかり遅延したということである。また、12月19日午後5時に東神奈川駅の電車車庫にて三十八歳の工夫こうふが感電死したという報道も載っている。

このような形でトラブルがあいついだので、東京横浜間の電車は、12月26日に運行休止となった。その後、翌1915年5月に運行が再開した。この路線は、今でも京浜東北線として東京横浜間の輸送の任に当たっている。

脚注
  1. 吉川文夫.(1989). 『日本電車発達史』大阪:保育社.p.114 []
  2. 『東京朝日新聞』の記事では「大井駅」とあるが、これは大井町駅のことを指している。もともとこの地には、駅ではない「大井聯絡所」が設定されていた。これが、東京横浜間の電車開通に伴い、「大井町駅」となった。おそらく記者はもともとの「大井聯絡所」と「大井町駅」を混同したのだろう。 []